-堺市北区議会議員-宮本恵子のホームページです。

堺市北区議会議員宮本恵子
みやもっちゃんだより
『庶民の目線でハートフルな街-堺へ!』
この8年間「生活者の視点・女性の視点・母の視点」の想いを胸に、議会へ声を届けて
まいりました。その想いに基づいての、日々の活動をご報告いたします。
●歯のハッピースマイルフェアへ今年も11月23日(月)
口腔会館で毎年行なわれていますフェアに、
今年も伺いました。

重度障害者の歯科診療について、
畑崎歯科医師会会長より貴重なお話をお聞きしました。



木原市長、畑崎会長とともに

●消防組合議会議員として視察10月9日(火)
1.東京消防庁

風速最大45Mの風を送れる特殊車。
今年、都内でおきたビル火災現場で、地下の煙を屋外に
排出させるために出動し活躍したそうです。
しかし、出動する機会がないことが、幸せなのですが。



2.救急救命士養成センター

救急救命士の国家資格取得をめざし、全国から選ばれて集まって
きた消防士さんを7ヶ月間、研修と訓練をする施設です。
昨年から、救命士による気管送還や薬剤(アドレナリンなど)投
与が可能となり、資格取得は一段とハードルが高くなりました。
堺市からは受講者を毎年数名派遣、また指導者も1名派遣し貢献
しています。



●本会議において党を代表して5項目の質問!9月6日(木)
① シャープ(株)の立地と臨海部の構想について

・液晶パネル製作で世界最大級の新工場が、市臨海部・堺浜に誘致が決定。
その波及効果を生かした「街づくり構想」を示すよう要望。
・木原市長は、文化、観光、住宅などあらゆる分野に企業の立地効果を波及させるため、
「堺浜企業立地推進会議」を軸に全庁挙げて具体策を検討していくと表明。
そして、大規模地震対策施設を新たにつくる考えを示しました。
・企業の投資額は3800億円だが、その経済波及効果は1兆円を超える。
本市として、利益の還元のみならず、企業による社会貢献なども含めた協力を求めて
いただくこと等要望しました。

② 本市の財政健全化について
(H18年度の普通会計決算、連結決算と連結ベースでの財政の健全化)

③ 堺の国際文化施策について

④ 災害に強いまちづくりについて

⑤ 放課後児童対策について

(のびのびルーム、放課後ルームなどの課題解決を要望!)

*医療のセーフティーネットを拡充!* 朝日新聞(9月11日朝刊)も大きく報道

9月の本会議で、私たち公明党は国民健康保険加入者が、やむを得ない事情で
保険料が納められない場合、健康保険証にかわり資格証が発行され医療費が全
額実費支払いになることに言及。
その質問に市長より「資格証の発行判断は、個々の事情を第三者機関が充分調
査・審査し、その事情に応じて支援できるシステムをつくる」との答弁を得ま
した。

公明党は、国においても、連立政権合意の中の重点政策課題として、高齢者医
療制度の、来年4月から実施される70歳から74歳までの窓口負担の1割か
ら2割への引き上げ、および75歳以上の後期高齢者医療制度における被扶養
者からの保険料徴収の凍結などを盛り込みました。これからも弱者の側に立っ
た「ぬくもりのある社会」をめざして全力を挙げて取り組んでまいります。



●子育てサポート施設を視察8月8日(水)
「まちかど子育てサポートルーム」(東百舌鳥高校内)
子育て中のお母さんと意見交換を!



「のびのびルーム・放課後ルーム」(金岡小学校内)
夏休みで児童が元気に活動。
プールで水遊びが気持ち良さそうでした。



●産業振興委員会で質問6月12日(火)
今年度は産業振興常任委員会に所属し、副委員長として1年間取組み
をスタート。

この日開催された委員会では

1.女性の再就職サポート事業の取組みについて
(自治体では全国初のモデル事業今年9月~11月)

2.チャレンジショップの総括と堺東の商業振興について

3.堺の観光のあり方とPRについて

以上3項目について質問要望をしました。



●歯のスマイルフェアーに参加(口腔会館6月10日(日)
このフェアーは、毎年虫歯の日(6月4日)にちなみ開催されています。
子どもさん対象のフッ素塗布(無料)が好評。ものを噛む力の数値や
気になる口臭の数値測定も実施されていました。
同時開催の「高齢者いい歯自慢コンテスト」で最優秀賞の栄に輝いた
のは、なんと80歳代で32本の歯(親知らず4本含む)が全部自分の歯
という女性の方でした。すばらしいですね!



●北区・街頭演説1月20日(土)
新金岡駅ロータリーにてPM2時半より街頭演説を行いました。
あいさつに立った白浜一良参議院議員(大阪府本部代表)は、
公明党が連立与党に入り着実に積んできた7年間の実績を紹介。

どこの党よりも真っ先に少子化対策に取組んできたのが公明党
であり、あっせん利得処罰法(議員が口利きでお金を取る、こ
れを禁止する法律)なども、公明党が連立与党に入って始めて
できた法律であること等力説。

また、堺市が政令市になり始めて行われる、区ごとの市会議員
選挙(4月8日投票日)に、皆様の絶大なるご支援をお願いした
いと訴えました。



●党新春年賀会を開催 1月16日(火)
大阪市内にあるホテルニューオオタニで公明党大阪府本部主催の
新春年賀会が開催されました。
太田代表、北側幹事長らとともに、太田府知事、関大阪市長、
木原堺市長他府下市町村首長、また財界、外国公館関係者、
学者・文化人ら多くの来賓が出席。

太田代表は「今年は政治決戦の時であり、大阪が決戦場となる。
断じて勝ち抜き、公明党の真骨頂と発揮したい」と決意を述べた。
また、今通常国会は「雇用、教育、憲法の3Kが重要課題である」
との認識を示し「生活現場主義に徹する公明党に力強いご支援を
お願いしたい」と訴えた。

北側幹事長は有効求人倍率について、7年前の連立政権発足時は
非常に悪かったが、現在は数段良くなっている。今国会は雇用国会
とでも言うべき内容だ。「雇用に関する課題について議論する協議
会を自公でつくりたい」と述べた。



●成人の日おめでとう1月8日(月)
じばしん南大阪にて午前10時より、北区の「成人の日」
を祝う記念式典が行われました。
木原市長、吉田区長の祝辞のあと、代表の方による清々し
い抱負が述べられました。

終了後、居合わせた振り袖姿の皆さんと記念撮影を。
皆さんとってもきれいで笑顔が素敵でした。本日式典
に参加した方、また出来なかった方、すべての皆さん
のこれからの飛躍を祈っております!



Copyright(C) 2006-2015 miyamoto keiko All Rights Reserved.