-堺市北区議会議員-宮本恵子のホームページです。

堺市北区議会議員宮本恵子
みやもっちゃんだより
『生活者の視点でハートフルな街-堺へ!』
この13年間「生活者の視点・女性の視点・母の視点」の想いを胸に、議会へ声を届けて
まいりました。その想いに基づいての、日々の活動をご報告いたします。
★ 最新ニュース ★
●「働きたい」の気持ちをサポート! 3月27日(月)
堺市ユースサポートステーションを現地調査。
取り組み状況やこれまでの支援状況等についてお話を聞きました。

続いて、増加傾向にある30歳代の「ひきこもり」支援について、
センター機能が設置された健康福祉プラザへ。
施設内を調査見学させて頂きました。





●教育施策・教育予算について質疑、要望。 3月15日(水)
本日の文教委員会では、6名の委員から質問がなされました。
私は「道徳教科書の採択の公平性」「堺市の考える学力向上とは」
「学校図書館司書の配置」「特別支援教育や発達障がい児への環境整備の
充実」以上4項目について、指摘・要望をさせて頂きました。





●2月27日より堺市議会で論戦がスタート!
   (3月30日まで)
3月14日(火)
本会議において市長より所信表明があり、平成29年度予算案等が
提案されました。
6日からの代表質問、大綱質疑に向け準備も いよいよ大詰めです。
市民の皆様からお預かりした税金が平成29年度にどのように使われるのか、
しっかり審議してまいります。





● 平成29年度予算案等の議案説明を
  市の担当者より受けました。
2月14日(火)
この4月から執行される堺市の予算がどの様になるのか!
2月27日スタートの市議会で、いよいよ論戦が始まります。

まちづくりや教育、福祉、防災等、市民の声にお応えできる様
しっかり取り組んでまいります。





● 待機児童解消と認定子ども園移行への
  取り組みを調査!
2月7・8日(火・水)
保育所入所待機児童ゼロを実現した横浜市で、
その取り組みについて説明を受けました。



認定子ども園への移行がある程度進んでいる本市ですが、
幼稚園からの移行はまだまだです。
待機児童解消へ効果のある取り組みを研究し、あらゆる手法を検討し、
待機児童ゼロを実現していかなければならないと感じました。



◎江戸川区 篠崎文化プラザ(複合施設)を調査

指定管理者が運営し夜9時まで開館の図書館や生涯学習ができる大学校、
また江戸川区の文化を伝える展示室等を備えた施設。
駅から地下通路で繋がりアクセスは抜群です。



閲覧席の予約は、ロボット“ペッパー君” が受け付けてくれます。



閲覧席の様子

● 南アフリカ共和国のハウテン州議会議員が
  堺市議会へ表敬訪問
1月26日(木)
人口約5500万人の南アフリカは9つの州に分かれています。
今回は最大規模のハウテン州の議会議員73名の代表者が来日されました。

堺市議会より代表の議員でご挨拶をさせていただきました。





●堺市立総合医療センターで実施の
  災害医療訓練を視察しました。
1月14日(土)
12 :55震度6強の上町断層地震が発災との想定で訓練。
きょう休日のドクターや看護師、職員が訓練に参加。
発災情報を聞き自主的にセンターへ集結した ました。

救急搬送された患者をトリアージ(治療の緊急度合いを 黒、赤、黄、緑の
タグで識別)を行う。
心臓がまだ動いていても医療行為の優先度が最後(黒タグがつく)の場合も
ある、と聞いて心が痛みました。
本番さながらの想定で緊張感のある訓練でした。
現実におこらないことを願います。







●区教育健全育成会議に出席しました。
 (堺市北区役所)
1月12日(木)
市長からの諮問が出されおり、教育現場の課題に対し、
地域・学校・家庭が連携してよりきめ細やかな対応を
検討するために各区で協議されています。

今回は議員との意見交換が行われ、教育現場の支援をする人材の発掘や
育成が重要と申し上げまました。

終了後、委員の方々で通常会議があり傍聴をさせて頂きました。



●おめでとうございます 1月9日(祝)
新成人の皆様へお祝いを申し上げます。

全国123万人のうち、堺市では約8500名(北区は約1500名)の方が
成人の日を迎えられました。
今の社会は厳しいかもしれませんが、どうか負けないで、
ご自身の目標や夢に向かい一歩一歩着実に進んでください。

ご成人を心より お祝い申し上げます。





●堺市の業務が始動しました。
  賀詞交換会(アゴーラ)
1月4日(水)
行政、経済団体、地域団体及び議員等が一所に集まり、
挨拶を交わしました。

「住民に選ばれる堺市」へ、
議会もさらに努力を怠りなく取組んでまいります。








宮本恵子

宮本恵子フェイスブック

【バックナンバー】
★みやもっちゃんだより2016
★みやもっちゃんだより2015-下期
★みやもっちゃんだより2015-上期
★みやもっちゃんだより2014-下期
★みやもっちゃんだより2014-上期
★みやもっちゃんだより2012-2013
★みやもっちゃんだより2011
★みやもっちゃんだより2010
★みやもっちゃんだより2009
★みやもっちゃんだより2008
★みやもっちゃんだより2007
★みやもっちゃんだより2006
【アナログ版】
* No.42(2016年 冬号)
* No.41(2016年 初夏号)
* No.40(2016年 春号)
* No.39(2016年 早春号)
* No.38(2015年 秋号)
* No.37(2015年 初夏号)
* No.36(2015年 春号)
* No.35(2015年 早春号)
* No.33(2014年 初夏号)
* No.32(2014年 春号)
* No.31(2013年 春号)
* No.30(2012年 春号)
* No.29(2011年 冬号)
* No.28(2011年 初夏号)
* No.27(2011年 春号)
* No.26(2011年 早春号)
* No.24(2010年 秋号)
* No.23(2010年 春号)
* No.22(2010年 早春号)
* No.21(2009年 初夏号)
* No.20(2009年 早春号)
* No.19(2008年 夏号)
* No.18(2008年 新春号)
* No.17(2007年 秋号)
政策について
実績報告

Copyright(C) 2006-2017 miyamoto keiko All Rights Reserved.