-堺市北区議会議員-宮本恵子のホームページです。

堺市北区議会議員宮本恵子
みやもっちゃんだより
『生活者の視点でハートフルな街-堺へ!』
この13年間「生活者の視点・女性の視点・母の視点」の想いを胸に、議会へ声を届けて
まいりました。その想いに基づいての、日々の活動をご報告いたします。
●学校や通学路の総点検、危険物の撤去を緊急要請! 6月19日(火)
6月18日発災の大阪北部地震で、高槻市の小学生が倒れてきた
学校プール横のブロック塀に挟まれ亡くなられました。
今回の事案を重く受け止め、公明党堺市議団として市長、
教育長へ緊急点検の要請を行いました。





●📌 歯科フェアが好評です! 6月10日(日)
堺市歯科医師会の先生も休日返上で、
訪れた市民の口腔衛生に取り組んでおられました。
また、受動喫煙被害にあわないための
子どもへのクイズ等も工夫されていました。
会場におられた中西歯科医師会会長、小椋健康福祉局長等に
状況をお伺いしました。





●晴天のもと小学校で運動会🏳️‍🌈 5月28日(月)
今回から全児童の頭上には、暑さ対策のテントが設置。
これは校区まちづくり協議会やPTA協議会等の協力によるものとのことです。



●元気にグランドゴルフ大会開催 5月6日(日)
朝8時半、地元もず地域の皆さんが学校のグランドに集合。
日頃の練習成果を競い合いました。
終わって、ホールインワンが出なかった!と本気悔しそう…。
また楽しい語らいの花が咲いていました。



●📌 助けられる人にならない。助ける人へ。 4月22日(日)
朝9時30分から地域防災力向上に関する様々な取組みの説明会に参加。
「地域防災力の向上と地区防災計画制度について」
兵庫県立大学大学院減災政策研究科の坂本先生より講義。
地域の多くの方々に是非伝え、参画を推進しなくてはならない内容でした。





●千葉県船橋市の「書かない窓口」を調査。 4月12日(木)
他の市区町村からの転居者には、様々な手続きが必要。
その度に住所、氏名等をそれぞれの申請書に記入している。
これを市民課の窓口で、画面を見ながら職員と一緒に入力すると、
記載済みの各申請書が一度に出力されるという優れものです。




記載台には横にチャイルドシートも設置されています。

●🌷 白熱したディスコン交流会 3月24日(土)
堺市北区の各地域から集ったチームが熱い戦いをされました。
高齢者でも子どもでも一緒に楽しめるスポーツで、市内各地での
広がりを期待したいです。
ディスコンは岡山県発祥のニュースポーツ。
赤と青のチームで各6枚のディスクをポイントに近づけるよう投げる競技。
最初は簡単そうに見えたのですが、 結構奥が深いと感じました。





●📌 百舌鳥古墳群周辺を清掃活動 3月18日(日)
今年も百舌鳥八幡宮さんより提供のたちゃんこ鍋をいただき、
身も心も温まりました。
3歳のお子さん達も1時間の道のりを一生懸命歩いていました。(^-^)





●防災士として訓練に参加 2月11日(祝)
校区主催の訓練は朝9時から11時半までみっちり!
仲埜連合会長を中心に、参加者の皆さんは寒さに負けず
単位自治会に分かれ、心肺蘇生法、バケツリレー、プールの
水を飲み水に変える装置、震度7の揺れや煙りを体験。
私は発災時に持出すグッズのワンポイントアドバイスを
させていただきました。







●☕️ ふれあい喫茶が盛況です! 1月27日(土)
校区で月1回開催の本活動はボランティアの方々で運営。
パンと飲み物ゆで卵が200円で提供され、たくさんの方々が
賑やかに対話をされていました。
グランドゴルフの練習帰りの皆さん、お買い物へ行く途中の方等
たくさんの笑顔が素敵でした。



●“子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会”
  にて質疑・要望しました!
1月17日(水)
○ 新生児聴覚スクリーニング検査費用の公費助成、難聴児への切れめない支援
○新たな機能を付加した電子母子手帳の作成
○死産された方への配慮と支援体制




Copyright(C) 2006-2018 miyamoto keiko All Rights Reserved.